Sphere on Spiral Stairs
WEB接客ツール
固定アドレスを自社のホームページに設置することで、顧客は1クリックでオンライン店舗にアクセス可能です。接客や商談の際に、アクセス用のURLを発行したり共有したりせずに、すぐにWeb接客を始められます。社内体制を大きく変更することなく、店舗のDX化を進めたい企業・店舗におすすめです。
pixta_80359381_S.jpg

​新たな接客手法

​オンラインでの相談・接客のニーズが急上昇しています。「いかにしてサービスや商品を紹介・販売していくのか」が最大の課題です。

オンラインが
進む中での課題

​企業目線で慣れたZOOMなどを使っているケースが多く、「ステップが多く問い合わせが面倒」「やり方がわからない」など取りこぼしが発生

​相談業務に合ったサービスを選択することが必要です。
当社の接客ツールは、1クリックで来店できるオンライン店舗
​固定アドレスだから来店窓口をホームページへの常設が可能
​相談ボタンを押すだけで簡単に接客を開始
キャプチャ57.JPG

​ホームページに相談ボタンを設置

キャプチャ58.JPG

​オンライン窓口エントランス

 

キャプチャ59.JPG

​オンライン接客

 

チラシやパンフレットなどの紙媒体(オフライン)から
直接オンライン接客へ誘引することが可能です
pixta_88863071_M
61425036
pixtaコールセンター②
pixta_77240592_M

オンライン接客のメリット

1.来店客数の増加
コロナの影響により実店舗への来店を控えているお客様や立地条件により来店が難しいお客様様mとの新たな接点を創出することができます。
また即時相談を用いる事で予約を要するオンライン接客に比べ
最大300%の来店増加実績もあり、潜在顧客を取り込む施策としてご活用頂けます。
2.CVR・購入率のアップ
オンライン接客を行うことで実店舗と同様に、資料や商品を見せて視覚的な説明やヒアリングを実施しながらコミュニケーションができることから、電話やチャットでの問い合わせに対して約2~3倍のCVRの向上に繋げることができます。
3.One to One接客による顧客単価工場、リピーター獲得
オンライン接客では商品をオススメしてくれるスタッフがいるため、複数商品を提案できます。丁重に対応しオリジナルの提案を行うことで、店舗への来店した際も、「お気に入りの店員・営業マンに相談したい」というリピート製薬が期待できます。
​接客に特化した機能(顧客側)
​顧客のニーズに応じた3種類の相談受付
キャプチャ64.JPG

相談内容を顧客に選択いただき、即時に1クリックで相談が開始できます。窓口が埋まっている場合は順番待ちとなります。

​*待ち人数も表示します。

キャプチャ65.JPG

​顧客のご都合に合わせ、好きな時間を選択いただけます。スタッフの予定がすでに埋まっている時間は「ー」、OKの場合は「〇」表示となります。​

 

キャプチャ66.JPG

​特定顧客とワンタイムの会議コードを発行し、商談として利用可能です。

 

​接客に特化した機能(スタッフ側)
​スタッフ稼働を最適化する通知機能
キャプチャ67.JPG

​顧客から即時相談、時間予約の申し込みが入った際に呼び出すメイン、サブt担当の設定が相談項目ごとに可能です。

キャプチャ68.JPG

スタッフへの呼び出し方法として、PCのデスクトップへのポップアップ、スマホへのSMS発信を選択できます。

*SMSは、別途契約が必要です。

 

キャプチャ69.JPG

​相談内容の管理はルーム利用状況をダッシュボードで一元管理できます。

 

​ビデオチャット画面
スタッフ側画面(PC)
キャプチャ70.JPG

■お客様入力情報の閲覧(入力時のみ)

■マイク/カメラ ON/OFF

■画面共有機能 *PCのみ

■スライドシェア

■映像再生

■ファイル送付機能(商談中にファイル送信可能)

 ppt/word/excel/pdf/jpg/png

​■ルーム利用可能時間表示(時間予約時)

相談者側画面(PC)
キャプチャ71.JPG

■マイク/カメラ ON/OFF

■チャット機能

■画面共有機能(ON/OFF可能)*PCのみ

■ファイル送付機能(ON/OFF可能)

​■お客様画面へのロゴ表示

​活用例
キャプチャ41.JPG
​利用実績
キャプチャ63.JPG
ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。
スタッフがサービスについてさらに詳しくご説明いたします。
jbs.JPG